競合対策シリーズ パート2

10月号のマンスリーレポートは、商勢圏の調査ゼンリンの地図を貼りあわせ、地域内の施設の把握と、
地域住民の皆さんのライフスタイルの読み取り方を説明しました。
来店客調査からお客様の声、お客様の年代と住所を知り、国勢調査とのギャップを調べ基礎商圏に住む
地域住民の皆さんと、来店客との差異分析について述べました。
また、競合調査では相手の良い所30項目調査を行ない、競合店の商売の仕方を学ぶ手法をお伝えしました。
その他に、当社で既に競合関係の有るオープン当時の、該当店舗の「影響した客層」「影響した主力商品」に
対する事前対策の情報を集め、「競合対策の戦略的方向性」の立案を執筆しました。
今月は、競合対策の方向性を具体的に相手がオープンする前に、現場でどの様に手を打っていくかについて
執筆することにしました。
情報を集め、事前にどれだけ有効な対策を行なっていくかが勝負の決め手になります。

この記事を閲覧するにはログインが必要です。会員登録をされている方は、ログインしてください。新規に会員登録をご希望の方は「新規会員登録」より会員登録ページへお進みください。

ログイン
   
新規ユーザー登録
captcha
*必須項目