地域No.1スーパーを目指して

売り手の発想からの脱却

猛暑が続いた7月、8月のスーパーマーケットの業績は、各社上昇気運に乗ってきたようです。一方、競合によって苦戦を強いられた企業・お店もあるようです。
はっきりと消費者ニーズが解る変化要因は、過去の経験を中心にある程度の数値を確保できます。今年のように猛暑が長く続いた異常気象の場合は、POSデーターから何が変化しているか、どう食生活や暮らし方が変わったかを見て、仮説検証を繰り返すことが重要になってきます。

この記事を閲覧するにはログインが必要です。会員登録をされている方は、ログインしてください。新規に会員登録をご希望の方は「新規会員登録」より会員登録ページへお進みください。

ログイン
   
新規ユーザー登録
captcha
*必須項目