Aさんの話。

今回は行きつけのスーパーのお話を。
いつも行くスーパーには、素敵な人がいます。
いつもニコニコしていて、とっても気持ちのいい接客をしてくれるその方の名前はAさん。
行くと必ず「こんにちはー^^」と笑顔で声をかけてくれる。ササキはAさんの大ファンなんです。
お会計するだけなのに、レジをひと通り見まわし、Aさんがいると必ずそこに並んでしまいます。まるでストーカーのようだわ・・・。ゴメンナサイ(汗)

きっかけは1年ほど前、不慮の怪我をしてしまい、松葉杖での買い物も大変なので車イスをお借りしたことがありました。歩けるようになって松葉杖も必要なくなり、たまたまAさんのいるレジに並んでお会計をしようとしたら、「足、良くなったんですね。良かったですね!」と笑顔で声をかけてくれました。
覚えられているとは思ってもみなかったので、思わず「キャー!バレてたー」と照れ隠し。ビックリでした。何気なくかけてくれたその一言が嬉しくて、それ以来Aさんのファンになってしまったのでした。

そしてAさんは素敵なだけではなく、すごい特技があるんです。← 私が勝手に思っているだけなのですが・・・。
我が家の普段のお買い物は、月曜から金曜までのメニューを決めて1週間に1度、ガッツリまとめ買い。以前はお買い物袋が無料だったのですが、行きつけのスーパーは今はすべて有料化されているのでお買い物はマイバッグ持参。1週間分ともなると、マイバッグに溢れるほどの買い物になります。いつもレジで精算済のカゴに入れてもらう前に、カゴとジャストサイズのマイバッグを精算前にインさせてもらって店員さんに入れてもらいます。
Aさんのすごいところは、商品をバッグに詰めるのが上手!これはもう、芸術的。
そして買った商品を大切に入れてくれる。お肉やお魚のパックをビニール袋に入れてくれるのはもちろんですが、きれいに包んでくれて商品が潰れたりしないようにやさしく、しかもぴったりと収めてくれるんです。スバラシイ。
お会計が終わったら、カゴからマイバッグをサッと取り出すだけで帰れます。
自宅に戻ってくるまで、不思議と荷崩れもあまり起きません。いやーうまい。ホレボレです。

彼女のファンはどうやらほかにもいるようで、Aさんの立つレジは少しだけ列が長いような気がします。それでも並んでしまうんです。
スラッと背が高くて、本当にニコニコといつも笑顔の素敵なAさん。内面的にもきっと素敵な人なのだろうと思いました。

佐々木 恭子