¥1,000で買える『駅弁』で、幸せは訪れるか!!

『駅弁』はレトロなパッケージを探せ!!

時々・・・たまになのだが、『駅弁』なる物を購入することがある。
皆さんも経験された事があるかもしれないが、サンプルや写真のイメージと内容が違っていて “ 失敗した! ” と己を恨むことがないだろうか。

こんな経験をしている人は、例えば東京駅なら駅のホームで販売している『鳥弁当』¥800を購入するのが正しいと思う。
なぜなら¥1,000出して¥200お釣りがくる。この¥200でワンドリンクが買えてしまう心地良さかもしれない。しかもこの商品、鶏肉と鶏そぼろがしっかり入っていて満足感はお約束する。

さて、今日のお話、¥1,000円駅弁の話題に戻してみよう。
駅逓で販売している状況もあり、この『駅弁』なるものは “ ポッキリ価格 ” が決定版である。曰く、¥1,000価格がプライスゾーンとなる。
とある東北の駅で、帰りの晩飯を購入することがあった。牛肉弁当・はらこ飯弁当(鮭の身を炊き込んだ茶飯の上に “ いくら ” がてんこ盛りの飯)・三陸海鮮寿司(魚介のばら寿司といったところ)・定番幕の内弁当など・・・。選ぶのに相当迷う品揃えだった。
この豪華品群の中にひっそりと、ただの1個埋れていた商品があった。それが今回ご紹介する『伯養軒のウニめし』である。
サンプルも写真もなく、ただ目に飛び込んできたのはこのパッケージ!!
何というこのレトロ感・・・私はいっぺんに虜になった。きっと往年の銘品に違いない!
早速、列車の発車とともに外蓋を開けて覗き込み、更にたまげた!!
何と、何と・・・ウニの他に期待もしていなかったあいつが入っていた!!
そこには『カニのほぐし身』がウニと一緒に並んでいるではないか!!

・・・一心不乱に胃袋へかき込んだのは言うまでもない。ウニしか期待していないところにカニが入っていたのだから、小生が驚いたのもお分かり頂けたことと思う。

伯養軒ウニめしこの『ウニめし』、ご飯もウニの炊き込みとなっていて、飽きないように「ちょい辛味噌」も入っている優れた駅弁なのであった。小生、次回もこの地を訪れた時には探すことと思う。

¥1,000の駅弁にこれほど幸せな気分にさせられるとは驚きの夕べなのであった。

長谷川 薫