世界遺産 日光 ~早春編~

3月半ば過ぎ、初夏の陽気のある日、世界遺産の日光へ。何年ぶりだろうか。
原発事故以来、観光客が減少していると聞いていたが、平日にもかかわらず学生のグループや 団体客などで結構賑わっていた。

陽明門Ⅰ日光東照宮の象徴

「陽明門」

 

 

 

 

陽明門Ⅱ

 

 

・・・・絢爛豪華!

 

 

 

眠り猫

 

国宝 左甚五郎:作
・・眠り猫

 

 

 

人気のパワースポット

 

 

パワースポットとしても人気

 

 

 

 

日光東照宮は、あの徳川家康公を神格化した神社。その豪華さには目を見張るものがあるが、その象徴は国宝の「陽明門」。一日中見ていても飽きないことから、「日暮しの門」とも呼ばれる。
現在「平成の大修理」が行われていて、期間は2025年まで続くそうで、全国から大勢の職人さんが集っているとのこと。陽明門も4月から修理作業が始まるそうだ。

年間を通じて様々な祭典行事がある日光。5月17・18日の「例大祭」はお勧めで、
“ やぶさめ ” や “ 千人武者行列 ” などが大迫力で楽しめる。
今年は、自分も行ってみようかと思う。

高木 善行