うなぎは高いので!! お肉の季節!!

丑の日予約で、セブンイレブンに見た!!
『牛タン弁当』の提案の良さ。

ある時、セブンイレブンに勤めている知り合いの女性のお店へ買い物に行ったら、「長谷川さん、土用丑の日どうですか?」と言う。
ただし写真の『牛タン弁当¥880』は「遥か前に予定数がいっぱいで、もう無いよ!」との事だった。

牛たん重

こいつは美味しそうだと思った。

もともとセブンイレブンは定番商品で『豚バラ麦弁当』を販売していて超売れ筋商品だったので、麦飯で牛たんへ・・・丑の日に飛躍してきたのは合点がいく展開だ。
うなぎに比べれば¥880円は手の出る価格だと思った。

・・・ちょっと食べてみたかったな・・・残念!!

次に近隣のヨークベニマルをウォッチングしてみた。
ここにもお肉フィーバーがあった。 牛肉にスポットを当てた展開で予約注文であった。

うな重&牛めし

『黒毛和牛の牛めし重』¥1280

中々そそられる商品提案だ。
土用丑の日で、もちろん “ うなぎ ” が好きな人は多いのだが、どうしても “ うなぎ ” という人ばかりではないので、牛肉へ最大スポットを当てた展開は、とても良いと思う。
何しろ今まで丑の日でも参加できなかった人達が参加できる可能性があるのだから。

このセブンイレブンの『炭火焼牛たん重』とヨークベニマルの『黒毛和牛の牛めし重』だが、きっと今回の企画で調子が良かったら、お盆企画、秋の行楽企画等のイベントでも販売してくるのではないかと感じる。

2社共に商品のブラッシュアップについては手を抜かないからだ。

長谷川 薫