消費市場、春の風景

「2年をめどに物価上昇率2%」の目標を掲げ、日銀の黒田総裁が金融緩和政策を導入してから4月で丸2年。だが、消費者の節約志向は恒常化し、世の中は “ デフレ以上、インフレ未満 ” の状態だ。戦後日本のよりどころだった「経済成長」を前提にした政策は行き詰まりを見せている。

「デフレ以上、インフレ未満」の春

食品の値上げが続く。1月には即席麺や食用油、パスタ、1月には冷凍食品やレトルト食品に加え専門店のコーヒーも。3月、そして4月にかけては牛乳やヨーグルト、家庭用コーヒー、ケチャップなどの調味料の値上げが続く。背景には円安による原材料の高騰がある。だがしかし、「いよいよインフレか」と思わせるが、実態は違う。
足元の消費者物価指数は(生鮮食品除く総合)は、1月は前年同月比2.2%の上昇にとどまり、上昇幅は6ヶ月連続で縮小。消費増税の影響を除くと僅か0.3%。原油安によるエネルギー価格の下落に加え、ビデオやパソコンなどが下落幅を広げた。食品の値上げは物価全体を押し上げるほどではなく、「物価上昇率2%」には程遠い。
店頭の価格競争が激しいから、値上げの一方で、小売への出荷額を引き下げるメーカーもある。食品だけでなく、外食や衣料なども同じで、これらの分野ではデフレ環境が続くと考えられる。いつもよりお金を使う “プチ贅沢” の人が増えたように語られる昨今だが、それは一部の人がすることで、多くの人は「普段必要な品は出来るだけ安く」が、肌身に染みついている。
消費増税後、初めてプラスになった昨年10~12月期の実質国内総生産(GDP)成長率(前期比0.4%)でも、約6割を占める個人消費は前期比0.5%増で辛うじて伸びた程度。財布の紐がいかに固いかは、1世帯の消費支出(家計調査)に如実に表れている。昨年は1ヶ月平均25万1481円で、4月以降減少が続いている。消費増税の影響が尾を引く一方で社会保険料や国民健康保険料の引き上げ、さらに子ども手当や高校無償化への所得制限導入などが家計負担を重くしている。節約志向は依然強い。
3月18日、春闘の集中回答日があり、大企業は2年連続のベースアップに沸いた。だがそれは株価が上がる恩恵を受ける大企業に留まり、中小零細企業にまでは波及していない。
収入が増えれば消費が盛り返し、物価上昇を実現する目論見は、全体の賃上げ率はせいぜい1%程度で、この程度の賃上げで需要が大きく盛り上がることは想定しにくく、物価上昇は限られる。日銀が考えるインフレ期待は、現状では生まれていないし、これからも容易に生まれない。まさに “ デフレ以上、インフレ未満 ” の世界なのだ。

「もの消費」は飽和状態

物価が上がらないのは節約志向だけではない。「もの消費」は、ほぼ飽和状態。いくら経済成長を唱えても、その源である、「もの」の需要が生まれない社会になっている。高度経済成長時代、人々は三種の神器(カラーテレビ、クーラー、自動車)を欲しがった。旺盛な需要に供給が追い付かず、毎年のように「もの」の値段が上がった。少し前までは携帯電話や、パソコン、薄型テレビなどが「もの消費」を牽引した。だが、今はそれもない。この20年、GDPは500兆前後で推移し、増えていない。政府は公共事業や規制改革、さらにお金をばらまくアベノミクスで何とかGDPを増やそう、成長しようとしているが、そうならない。既に「もの」が溢れているからだ。多くの人が欲しがるものがなく、生活必需品は安く済ませ、時々贅沢程度では物価全体が上がるインフレになりようがない。

高齢者のマインド冷え込む

日本の消費の4割はシニア時代と言われる。内閣府の消費者態度指数によると、男女とも60歳以上の消費マインドがアベノミクス始動時より冷え込んでいるゆゆしき時代だ。金融緩和で市場に供給されるマネーの流入で平均株価は「2万円」をうかがう勢いだ。株価上昇による資産効果は高齢者ほど高いと言われるが、現実に恩恵を受けた人は極々一部で、多くの高齢者は年金減額の不安などから支出を抑えていると見られる。
お金を大量に供給する日銀のリフレ政策では、輸出企業中心に賃金が上昇する現役世代はメリットを受けるが、高齢者は円安による生活コスト上昇のデメリットしかない。リフレ政策をすればするほど、高齢者の消費マインドは悪くなる。緩和マネーは結局のところ、株高などの資産バブルを生むだけかもしれない。

「もの消費の時代」の終わり

恒常化する節約志向、「もの」への需要低迷、高齢者のマインド冷え込みが市場を覆っている。「もの消費」の時代は終わりを告げている。伸びるのは充実した時間を提供するサービス需要。観光や生涯学習、介護の他、女性が働きやすくなる学童保育や、ゆったり過ごせるカフェなどだ。こうした分野に力を入れていけば、結果的に経済成長する。これからは成長は目的ではなく、結果と捉える時代になる。
戦後、ひたすら「経済成長」を “ 人質 ” に借金まみれになってしまった日本。「経済成長」は、日本人の信仰だった。アベノミクスも同じだ。その呪縛を解くところから、新しい春が訪れるのだと思う。

安藤 敏明